最高のオーディオ編集ソフトウェアでオーディオを編集する 8 つの方法

最高のオーディオ編集ソフトウェアでオーディオを編集する 8 つの方法

オーディオ ファイルの編集は、特に初心者やサウンド デザインの基礎に慣れていない場合は難しいように思えます。 でも心配はいりません。 詳細な手順と簡単なチュートリアルでオーディオを効果的に編集できます。 そのため、コンピューターと、自分に適した最高のオーディオ編集ソフトウェアが必要です。

この記事では、オーディオを完璧に編集するのに役立つ、最もよく使用され、強く推奨されるオーディオ編集ソフトウェアをいくつか紹介します。 また、紹介するこれらの編集アプリケーションを使用してオーディオを編集する手順も示します。 したがって、私たちが教えている間、座ってコーヒーを飲みましょう オーディオを編集する方法 最高のオーディオ編集ソフトウェアで。

オーディオの編集方法

パート 1. オーディオを編集する最良の方法

コンピューターで使用できるオーディオ編集アプリケーションは無数にあります。 しかし、それらのすべてが無料で使いやすいわけではありません。 今日、多くの編集者は、オーディオを簡単に編集しながら、ユニークで高品質の出力を生成できるアプリケーションを探しています。 幸いなことに、多くの初心者や専門家が提供する機能のために使用するオーディオ編集アプリケーションがあります。

TipardビデオコンバータUItimate オーディオを編集するための最も優れたアプリケーションの 3 つです。 このオーディオ エディタには、オーディオ ファイルの編集に役立つ多くのツールがあります。 このアプリケーションは、オーディオを圧縮、同期、ブースト、またはトリミングできます。 さらに、MP4、AAC、OGG、WAV、DTS、MXNUMXA など、ほぼすべてのオーディオ ファイル形式をサポートしています。 多くの初心者は、使いやすいユーザー インターフェイスを備えているため、Tipard Video Converter Ultimate を使用してオーディオを編集するのが大好きです。 また、このツールを使用してオーディオを編集しても、品質を損なうことなくオーディオ ファイルを編集できるため、オーディオ ファイルの品質について心配する必要はありません。 Tipard Video Converter Ultimate は、編集時にオーディオの品質を損なうことがないため、オーディオ編集に最適なツールです。

さらに、ビデオ マージ、ビデオ トリマー、ビデオ透かし除去、色補正など、ツールボックスから使用できるビデオ編集ツールがたくさんあります。 Tipard Video Converter Ultimate を使用すると、オーディオとビデオを任意の品質で編集できます。 また、Windows、macOS、Linux など、主要なすべてのオペレーティング システムでダウンロードすることもできます。 したがって、Tipard Video Converter Ultimate を使用してオーディオを編集する場合は、以下の方法に従ってください。

このチュートリアルでは、Tipard Video Converter Ultimate を使用してオーディオを編集する XNUMX つの方法を紹介します。

オーディオを圧縮する方法

ステップ 1ダウンロードしてインストール Tipardビデオコンバータ究極 デスクトップで ダウンロード 下のボタン。 アプリケーションをインストールしたら、コンピュータで起動します。

ステップ 2次に、に移動します ツールボックス パネル。 オーディオ コンプレッサー機能を選択するツールのリストが表示されます。 の オーディオコンプレッサー オーディオファイルの設定を変更できます。

ツールボックス オーディオ コンプレッサー

ステップ 3次に、 プラス記号のアイコン 圧縮したいオーディオをアップロードします。

オーディオ圧縮を追加

ステップ 4オーディオ ファイルの設定を変更します。 その後、オーディオを保存する前にプレビューできます。 オーディオ ファイルの名前、サイズ、形式、チャンネル、サンプル レート、およびビットレートを編集できます。 完了したら、 圧縮する ボタンをクリックして、出力を処理して保存します。

オーディオ圧縮

オーディオの音量を上げる方法

ステップ 1ソフトウェア設定ページで、下図のように ツールボックス パネルで、 ボリュームブースター オプションを選択します。

ツールボックス ボリューム ブースター

ステップ 2そして、 プラス記号ボタン サウンドをブーストしたいオーディオファイルを追加します。 あなたもすることができます ドラッグ&ドロップ オーディオ ファイルをコンピュータ フォルダから プラス記号ボックス オーディオをアップロードします。

ステップ 3ボリューム ブースターでは、オーディオの音量と遅延を調整できます。 スライダーを押したままドラッグしてから、 輸出 変更とファイルを保存するボタン

ボリューム遅延のエクスポート

オーディオとビデオの同期の問題を修正する方法

ステップ 1繰り返しますが、 ツールボックス パネルをクリックし、 オーディオ同期 編集ツールのリストからオプションを選択します。

ツールボックス オーディオ同期

ステップ 2その後、をクリックします プラス記号のアイコン 同期したいオーディオをインポートします。 ドラッグ アンド ドロップ プロセスを実行してオーディオをアップロードすることもできます。

ステップ 3上のスライダーを動かします ディレイ オーディオをビデオに同期するオプション。 この機能を使用すると、ビデオの音量を調整することもできます。 [エクスポート] ボタンをクリックして、出力をデバイスに保存します。

遅延オプション

オーディオをトリミングする方法

ステップ 1Tipard Video Converter Ultimate を開きます。 次に、メイン ユーザー インターフェイスで、 コンバータ パネル。

ステップ 2次に、をクリックします プラス記号のアイコン 編集したい音声ファイルをアップロードします。 ファイルをドラッグアンドドロップしてアップロードすることもできます。

ステップ 3音声ファイルをアップロードしたら、 カット はさみアイコンで表されます。

はさみのアイコン

ステップ 4オーディオをトリミングするには、 ハンドルバー タイムラインをクリックするか、 開始を設定 および セットエンド オーディオの開始と終了を選択します。 をクリックして、ビデオを分割することもできます。 スプリット オプションを選択します。

オーディオのトリミング

以上です! この音楽編集ソフトウェアは、ニーズに応じてオーディオを確実に編集できます。 それと同じくらい簡単に、オーディオをビデオに合わせることができます!

パート 2. オーディオをオンラインで編集する方法

一部のオーディオ編集者は、オンライン アプリケーションを使用してオーディオを編集することを好みます。 また、オーディオを驚くほど編集するのに役立つ多くのオンライン オーディオ エディターを見つけることもできます。 したがって、これらの手順を読んで、オーディオをオンラインで編集する方法を学んでください。

特に最高のツールを使用すると、オンラインでオーディオを簡単に編集できます。 音声編集オンライン. Audio Editor Online は、無音の挿入、オーディオ範囲のカット、オーディオ範囲のコピーなどによってオーディオを編集できる Web ベースのアプリケーションです。 このオンライン オーディオ エディターには、シンプルなユーザー インターフェイスと操作が簡単なオプションがあり、多くの初心者に役立ちます。 さらに、Audio Editor Online を使用すると、ステレオ チャンネルを交換したり、エフェクトを追加したり、オーディオのテンポ ツールを使用したりできます。 さらに、このアプリケーションは、Google や Firefox など、ほぼすべての Web ブラウザーでアクセスできます。 また、安全で無料で使用できます。 しかし、編集したい範囲を選択する際に、折れ線バーでの選択が難しいとの不満を多くのユーザーから寄せられています。 簡単にアクセスできるオーディオ エディターが必要な場合は、Audio Editor Online をお試しください。

Audio Editor Online を使用してオーディオを編集する方法

ステップ 1ブラウザーを開き、検索ボックスで Audio Editor Online を検索します。 ソフトウェアのメイン ユーザー インターフェイスで、 File をクリックし Open. 編集したい音声をアップロードします。

ステップ 2編集する部分を選択し、編集オプションで任意の編集オプションを選択します。 または、オーディオにエフェクトを追加する場合は、 エフェクト インターフェイスの左上隅にあるパネル。

エフェクト編集オプション

ステップ 3オーディオの編集が完了したら、 File パネルをクリックして ダウンロード 出力を保存します。 をクリックして、編集したオーディオを Web に保存することもできます。 Save.

パート 3. Garageband でオーディオを編集する方法

Mac ユーザーでオーディオを編集したい場合の解決策は次のとおりです。 プロのようにビデオを編集するのに役立つこのアプリケーションを Mac で見つけました。

ガレージバンド は、Mac デバイスで使用できる最も有名なオーディオ編集アプリケーションの XNUMX つです。 このソフトウェアは、インストゥルメント、ギター プリセット、ボイス、セッション ドラマーなどを含むライブラリを備えた完全装備の音楽制作スタジオです。 さらに、このサウンド編集ソフトウェアを使用して、特定のオーディオ パーツを指定された場所に移動またはカットすることができます。 多くの専門家も、使用できる機能と驚異的な音楽の配列のために、このツールを使用しています。 また、シェイプシフトコントロールを備えたシンセ機能も備えています。 このオーディオ編集アプリケーションは、オーディオを編集したい楽器愛好家に最適です。 ただし、このアプリケーションを使用することの欠点は、プロジェクトの経過時間を確認したり、追加の Apple ループを購入したりできないことです。

Garageband でオーディオを編集する方法

ステップ 1このチュートリアルでは、不要なオーディオ部分をカットして、Garageband を使用してオーディオを編集する方法を紹介します。 まず、巻き戻しボタンをクリックして再生ヘッドをオーディオの先頭に戻します。 次に、再生ボタンまたはスペース バーを押して、音声を聞きます。

カットしたいものが見つかったら、次のステップに進みます。

ステップ 2そして、あなたが移動すると、 カーソル 下のオーディオ ペインの下部に移動すると、 十字形。 使用 十字線 調整したいオーディオの部分を選択します。 これを行うには、ペインをクリックしてドラッグします。

エフェクト編集オプション

ステップ 3選択したオーディオの部分を分離して移動する場合は、カーソルを下部のオーディオ ペインの上部に移動します。 カーソルが、カーソルの標準的な形状である矢印に変わります。

ステップ 4選択部分を矢印カーソルでクリックして、選択した部分をその領域に変えることもできます。 パーツに独自の領域がある場合、パーツは独立して移動できます。

エフェクト編集オプション

ステップ 5編集したオーディオ ファイルをエクスポートする前に、オーディオの音量またはレベルを上げることができます。 これを行うには、スライダーをオーディオ トラックの左に移動するか、ウィンドウの上部でユニバーサル出力レベルを調整します。

ステップ 6編集が完了したら、次の場所に移動して出力をエクスポートできます。 シェアする > ソングをディスクにエクスポート . 出力ファイルを保存する場所と名前を選択するオプションがあります。

パート 4. DaVinci Resolve を使用してサウンドを編集する方法

コンピュータで使用できるもう XNUMX つのサウンド編集ツールは、DaVinci Resolve です。 DaVinci Resolve は、プロが編集、色補正、視覚効果の設定、モーション グラフィックスの作成などに使用するビデオ編集アプリケーションです。 ただし、動画編集専用ではありません。 DaVinci Resolve を使用すると、オーディオ ファイルやビデオのオーディオを編集することもできます。 さらに、このアプリケーションは、モダンでクリーンなインターフェイスを備えているため、初心者にも使いやすいです。 このアプリケーションでさらに印象的なのは、編集プロセス全体を通してカメラの元の品質で作業できることです。 DaVinci Resolve を使用すると、オーディオ ボリュームのレベリング、フェードとハード カットの使用、ノイズ リダクション、キーフレーム編集など、オーディオを編集するために多くのことができます。 このパートでは、DaVinci Resolve を使用して実行できるオーディオ編集テクニックを紹介します。

DaVinci サウンド編集テクニック

音量の平準化

オーディオ要素、ナレーション、またはバックグラウンド ミュージックが異なる複数のオーディオ トラックがある場合は、ボリューム レベルを一定にする必要があります。 これを行うには、ボリューム レベルを変更するオーディオ トラックにマウスを移動します。 次に、現在のオーディオ レベルを表す水平線にチェックを入れます。 スライドを押したまま上下に動かして、オーディオ トラックだけの音量を増減します。

フェードを使用

フェードインまたはフェードアウトを使用する方が、オーディオ トラックをハード カットに分割するよりも優れています。 特別な場合を除いて、フェード インまたはフェード アウトは、ハード カットを使用するよりも常に優先されます。

オーディオをフェードするには、 クロスフェード トランジション クリップが交わる場所にドラッグします。 T キーを使用して、オーディオにフェード トランジションを追加することもできます。 次に、フェードアウトとフェードインのスロープの急峻さを調整することで、クロスフェードの速度を調整できます。 オーディオの先頭にフェード トランジションを追加する必要はないことに注意してください。 これは、白いハンドルバーを内側に入れて斜面を作成すると自動的に発生します。

フェードハードカット

ノイズリダクションを使用する

実際の録音には、オーディオの品質と明瞭度に影響を与える可能性のある周波数が含まれている場合があります。 ノイズリダクション機能を使用するには、インターフェイスの右側にあるミキサーを開きます。 次に、 プラス記号のアイコン 選択 フェアライト FX。 そして、 ノイズ減少。 音声でオーディオ トラックを入力する場合は、自動音声モードを使用して周囲の音を取り除くことができます。 それでも不十分な場合は、手動オプションを選択し、設定を変更します。 周囲のノイズ レベルを下げる必要があるすべてのオーディオ トラックに対して、このプロセスを実行します。

キーフレーム編集を使用する

キーフレームは、単一のトランジションとエフェクトを追加できるオーディオ トラックの小さなセクションです。 オーディオ トラックの場合、キーフレームを使用してボリューム レベルを制御し、トラックの途中でボリュームの変更を追加できます。

キーフレームにオーディオを追加するには、オーディオ トラックの特定のポイントをクリックします。 他の or オプション 鍵。 キーフレームごとに、異なるオーディオ レベルまたはフェード トランジションを設定します。 それ以外の場合は、ナレーションの再生中にオーディオをミュートできます。

キーフレーム編集

適切な音楽トラックを入手

バックグラウンド ミュージックは動画に不可欠な要素の 3 つです。そのため、適切なバックグラウンド ミュージック トラックがあることを確認してください。 DaVinci Resolve には独自の音楽ライブラリがないため、MPXNUMX トラックを DaVinci Resolve にインポートできます。

オーディオをインポートするには、 編集 ボタンを押して メディア. 次に、 を押します CTRL + I or コマンド + 私 ファイルを選択してインポートします。 ファイルを タイムライン オーディオとビデオの同期を調整します。 そして、上記のようにオーディオトラックを編集できます。

パート 5. iMovie でオーディオを編集する方法

iMovieの は、Apple デバイス ユーザーに最も人気のあるビデオ編集ソフトウェアの XNUMX つです。 Apple は iMovie をサポートしており、非常に使いやすく、ユーザーフレンドリーなアプリケーションになっています。 ビデオを強化するために使用できるビデオ編集ツールがたくさんあります。 また、このアプリケーションを使用してオーディオを編集できることをご存知ですか?

それは正しいです! iMovie は、オーディオ トラックを編集できる編集ソフトウェアです。 トリミング、ノイズ低減、オーディオの強化などを行うことができます。 さらに、iMovie では、元のファイルの品質に影響を与えることなく、出力を高品質でエクスポートできます。 無料で使いやすいため、多くの編集者がこのアプリケーションを使用してオーディオを編集しています。 したがって、iMovie のオーディオ編集プロセスを知りたい場合は、以下の手順を確認してください。 ただし、このガイドでは、iMovie を使用して Mac を使用してオーディオを編集する手順を紹介します。

ステップ 1ダウンロード iMovieの Mac デバイスで。 アプリケーションを起動し、 矢印アイコン 音声ファイルをアップロードします。

矢印アイコンをクリック

ステップ 2オーディオ ファイルをアップロードしたら、 タイムライン. これで、オーディオファイルを編集できます。

ステップ 3音声ファイルを右クリックし、 再生ヘッドにトリム. そして、調整します トリムクリッパー をクリックして、クリップの開始と終了を選択します。

クリップをトリムする

ステップ 4その後、をクリックします 音量 アイコンをクリックし、 自動応答オプション ボタン。 バックグラウンド ノイズを除去するには、 ノイズリダクション および イコライザ アイコンをクリックして、 バックグラウンドノイズを減らす チェックボックスをオンにします。

ステップ 5最後に、をクリックします オーディオ を選択して サウンドエフェクト 画面の左側にあります。 内蔵オーディオのリストで効果音を選択し、 タイムライン.

以上が、iMovie でオーディオを編集する方法の全プロセスです。

パート 6. Premiere でオーディオを編集する方法

オーディオの編集に使用できるもう XNUMX つのプロフェッショナルなビデオ編集アプリケーションは、Adobe Premiere です。 Adobe Premiere は、使用できる多くのビデオおよびオーディオ編集機能を提供するため、プロの編集者が使用する編集ソフトウェアの XNUMX つです。 Premiereもあなたを助けることができます ビデオを圧縮します。

Premiere でオーディオを編集する方法

ステップ 1まず、オーディオ トラックの音量を調整します。 エフェクトコントロールパネル、しかし最初に、でオーディオトラックを選択します タイムライン.

ステップ 2そして、 エフェクト パネルをクリックし、横にある三角形をクリックします 音量 コントロールを表示します。 の左側にある三角形をクリックします。 チャネルボリューム オプションを選択します。

チャネルボリューム

パート 7. Audacity で音楽を編集する方法

Audacity は、Windows および Mac デバイスで使用できるオーディオ編集アプリケーションです。 Audacity を使用すると、オーディオを分割して移動し、オーディオ ファイルの無音部分を削除することさえできます。 したがって、Audacity オーディオ編集プロセスを知りたい場合は、以下の手順に従ってください。

ステップ 1使い方 選択ツールで、オーディオを分割する必要がある場所をクリックします。 分割したいクリップの最初から最後まで長押ししてドロップすることで、セクションをハイライトできます。

ステップ 2に行きます 編集 メニューを選択し クリップ境界。 選択する スプリット オプションを選択します。

Audicity オーディオ編集

ステップ 3そして最後に、 タイムシフト ツールをクリックし、オーディオ クリップをクリック アンド ドラッグして移動します。

パート 8. After Effects でオーディオを編集する方法

Adobe After Effects を使用してオーディオを編集するのは、視覚効果とモーション グラフィックスのアプリケーションであるため、非常に困難です。 しかし、良いことは、以下に示す手順に従って、After Effects を使用してビデオにオーディオを追加できることです。 あなたもできる After Effects でビデオを反転します。

After Effects でオーディオを編集する方法

ステップ 1アドビを開く After Effectsの をクリックして、新しいプロジェクトを開きます。 次に、プロジェクト パネルでファイルをインポートし、ビデオをミュートします。

ステップ 2オーディオ ファイルをインポートし、ファイルを次の形式に変換します。 .mp3 フォーマット。 オーディオを 構成.

ステップ 3次に、タイムラインでオーディオを有効にして、 CMD+0 キーボードの。

After Effects オーディオ

パート 9. オーディオの編集方法に関する FAQ

モバイルで音声を編集できますか?

はい。 ビデオのオーディオを編集するのに役立つアプリケーションをインストールできます。 Android および iPhone 向けの最高のオーディオ編集アプリは次のとおりです。
ウェーブエディタ
MStudio
ボイスプロ
オーディオエボリューションモバイルスタジオ
FL Studioのモバイル

編集すると音声が壊れますか?

必ずしも。 使用しているオーディオ編集ツールによって、オーディオの品質が損なわれてはなりません。 オーディオの品質が損なわれている場合は、Tipard Video Converter Ultimate を試してください。

TikTok は音質を低下させますか?

TikTok が行う正規化のラウドネスが原因で、TikTok がオーディオ品質を低下させる場合があります。

まとめ

私たちが紹介したすべての方法があなたに役立つことを願っています オーディオを編集する 簡単にファイル。 したがって、今すぐオーディオ ファイルを編集したい場合は、ダウンロードしてください。 Tipardビデオコンバータ究極は使いやすく、オーディオ ファイルを編集するさまざまな方法を提供します。

著者
投稿者 ケニー・ケビン 〜へ オーディオ
1月06、2023 17:18
コメントここをクリックしてディスカッションに参加し、コメントを共有してください