Tipard DVD Creator for Mac

使い方

カメラは私たちの日常生活に欠かせないものです。 それは、友人や家族とぶらぶらしている最中の瞬間を記録します。 時には私たちの貴重な記憶ビデオを失うか、または損害を与えることがありますので、紛失や破損の際にDVDディスクにバックアップする必要があります。 Mac用のTipard DVD CreatorはプロのDVDメーカーです。ほとんどすべてのビデオファイルを超高速の書き込み速度とオリジナルの品質でDVDディスクに変換できます。 以下の手順に従って、目的のDVDムービーを作成することができます。

Part 1:ビデオファイルでDVDを作成する方法

ステップ1 プログラムのインストールと起動

まず、ここでソフトウェアをダウンロードし、それをコンピュータにインストールする必要があります。 インストールが正常に完了したら、プログラムを実行します。 ここに、プログラムの主なインターフェースがあります。

ビデオでDVDを焼く

ステップ2 プログラムにファイルを追加する

ツールバーの[ファイルの追加]ボタンをクリックして、[ビデオファイルの選択]ウィンドウを開きます。 ここで、キーボードの "Ctrl"または "Shit"ボタンを押すと、複数のビデオファイルをプログラムに追加できます。 または、ファイルをプログラムに直接ドラッグすることもできます。

ステップ3ビデオを焼く

プログラムにファイルを追加すると、見積容量が表示されます。 空のDVDディスクを挿入し、[書き込み]ボタンをクリックしてビデオをDVDディスクにまとめます。 しばらくすると、DVDムービーを入手できます

2:変換前の動画の編集方法

ステップ1効果関数

「編集」ウィンドウでは、明るさ、コントラスト、彩度、色合い、音量などのビデオエフェクトを調整することができます。 各パラメーターのスライドバーをドラッグして、対応するエフェクトを変更することができます。 または、対応するテキストボックスに必要な値を入力することもできます。 最高のMac DVD Creatorを使用すれば、理想的なビデオ効果を得ることができます。

ビデオを編集する

ステップ2ビデオの長さを調整する

ビデオファイルの一部だけが必要な場合は、Mac DVD Creatorで簡単に作成できます。 「トリム」編集ウィンドウで、スライドバーをドラッグして開始時間と終了時間を設定します。 または対応するテキストボックスに開始時刻と終了時刻を入力します。

ステップ3ビデオフレームをトリミングする

この多用途のMac用DVD Creatorは、完璧なビデオフレームを保証します。 「トリミング」パネルをクリックし、「アスペクト比を維持」オプションをチェックします。 「オリジナル」、「トリミング領域」、「16:9」、「4:3」を選択して、好きなようにビデオフレームを調整することができます。

ステップ4 透かし機能

「ウォーターマーク」編集ウィンドウで、「ウォーターマークを有効にする」オプションをチェックしてください。 テキスト/画像透かしをビデオに追加するには、「テキスト」または「画像」オプションを選択してください。 また、ウォーターマークの位置は好みに応じて調整できます。

3:ビデオをさらにパーソナライズする方法

ステップ1オーディオトラックを調整する

「オーディオトラック」ボタンをクリックして、「オーディオ/サブタイトル編集」ウィンドウを開きます。 ここでは、オーディオトラックを追加または削除したり、オーディオ言語を選択したり、音量、レイテンシ、エンコーダ、ビットレート、およびチャンネルを調整することができます。

オーディオ/サブタイトル調整可能

ステップ2 字幕を調整する

最高のMac DVD Makerの助けを借りて、あなたは番組に字幕を加えたり、好きでなければ字幕を取り除いたりすることができます。 さらに、言語、字幕の位置、字幕のフォント名とサイズ、色を選択することができます。

編集メニュー

ステップ3メニューを編集する

このオールインワンDVDメーカーを所有すると、DVDメニューを編集することができます。 DVDメニュー、フレーム、ボタン、およびテキストを好きなように調整することができます。 さらに、背景音楽、背景画像、オープニング映画を自由にDVDムービーに追加することができます。