MDBファイル - MDBについて知っておくべきこと

MDBファイル

MDBファイルはMicrosoft Accessデータベースファイルです。 MDBファイルは、ほとんどの普通の人々にはなじみがないようです。 ただし、データが豊富な環境で作業している場合は、MDBについて聞いたことがあるかもしれません。 これは、Microsoft Accessによって作成された一種のデータベースです。 Microsoft Officeは、世界で最も人気のあるオフィススイートです。 そしてMicrosoft AccessはMicrosoft Officeのメンバーです。 MDBはAccessの特別なファイル形式で、Access Jetデータベースエンジンに基づいています。 技術が発展するにつれて、私たちはすでにビッグデータ時代に生きています。 最も一般的に使用されているデータベースフォーマットを理解することは、私たちの仕事と日常生活をより便利にするでしょう。

パート1 MDBファイルとは

MDBファイルは、Microsoft Accessによって作成されたデータベースファイルです。 Microsoft Accessは、Microsoft Officeスイートに属するデスクトップリレーショナルデータベースアプリケーションです。 Microsoft Accessデータベースファイルには、テーブル、フィールド、行、データなど、基本的なデータベース構造とエントリがすべて含まれています。 データ以外にも、ファイルには、クエリ、レポート、データベースセキュリティ設定、データ入力フォーム、およびストアドプロシージャに関する情報が保存されている場合があります。 Microsoft Accessのビジュアルツールを使用して、すばやく作成してデータを入力できます。

パート2 MDBファイルをどうやって開くか

MDBファイルはMicrosoft Accessによって作成されます。 しかし、Microsoft Accessデータベースファイルをインポートして読み取ることができる他の多くのプログラムがあります。

1 Microsoft Excel

多くの人がExcelを使ってデータを保存し視覚化することを好みます。 そしてExcelはファイルのインポートもサポートしています。 プロセスはXLSXファイルを開く場合と異なりますが、Excel内でMDBファイルをインポートする手順は複雑ではありません。

Microsoft Excelの
ステップ1

Microsoft Excelを開いた後、一番上のリボンに移動して[データ]メニューを開きます。

ステップ2

[外部データの取得]セクションの[アクセスから]を押します。

ステップ3

を選択して 開いた Excelにインポートしたいファイル

ステップ4

MDBファイルから複数のテーブルをインポートしたい場合は、 複数のテーブルの選択を有効にする in 表の選択.

ステップ5

選択領域で複数のテーブルを選択します。 次にOKを押して続行します。

ステップ6

選択する ピボットテーブルレポート in データのインポート ウィンドウを開き、[OK]をタップしてインポートプロセスを完了します。 その後、MicrosoftファイルはExcel内のピボットテーブルに表示されます。

2 Mac OS用MDB Viewer

MacコンピュータでMDBファイルを表示したい場合は、専用のMDBビューアを使用できます。 MDB Viewerを使用すると、ユーザーはファイルをインポートしてそのファイルを他の形式に変換できます。 ただし、MDB Viewer内でMicrosoft Access Dataファイルを編集することはできません。

MDB Viewer for Mac
ステップ1

お使いのMacコンピュータにMDB Viewerをインストールした後。 これでMDB Viewerでファイルを見ることができます。

ステップ2

TABLESパネルで表のタイトルをダブルクリックすると、この表の詳細が右側に表示されます。

ステップ3

メッセージや画像など、テーブルに多くのコンテンツが含まれている場合は、任意の行をダブルクリックしてポップアップボックスでそのコンテンツを開くことができます。

ステップ4

他のフォーマットに変換したい場合は、一番上のリボンのオプションを押すことができます。

残念ながら、MDB Viewerは有料アプリケーションです。

3 MDBopener.com

時々、オンラインサービスはMDBフォーマットを読むのにも良い選択です。 あなたは互換性の問題を心配して、あなたのコンピュータにプログラムをインストールする必要はありません。 MDBopenerはそのようなオンラインMDBビューアです。

MDBopener
ステップ1

任意のコンピュータのブラウザでMDBopener.comにアクセスしてください。

ステップ2

MDBopenerはあなたのコンピュータまたはURLからファイルをアップロードすることをサポートします。 あなたがあなたのコンピュータ上のMDBファイルを見たいならば、あなたはChoose Fileボタンを押してファイルを選択することができます。 URLボックスには、リンクを含むリンクを入力できます。

ステップ3

スタートボタンをクリックすると、MDBopenerはそれをオンラインでアップロードして表示します。

ステップ4

このオンラインMDBビューアには、ファイルをExcelまたはCSV形式に変換する機能もあります。

MDBopenerは、20 MBファイルサイズ制限のある無料サービスです。

パート3 MDBファイルを使用する理由

あなたはなぜMDBファイルを他のデータベース形式よりも推薦するのか疑問に思うかもしれないので、Microsoft Access Databaseファイルを使用する利点をリストします。

1。 互換性

MDBファイルは互換性のあるデータベース形式です。 Microsoft Officeには複数のプログラムがあります。 ファイルとその内容は、これらのプログラム間でスムーズにインポートおよびエクスポートできます。 例えば、Wordはそのフォーマットからテキストや画像をインポートすることができます。 Excelは、構造と内容を含むファイル全体を読むことができました。 その後、さまざまなグラフでExcel内のファイルを視覚化できます。 Microsoft Accessデータベースファイルに保存されているアドレスに電子メールを送信する必要がある場合、Outlookはファイルから名前とアドレスを直接読み取ることができます。

2。 柔軟性

MDBファイルも基本的なデータベースフォーマットです。 初心者にとって、このファイルは簡単に作成および編集できます。 Microsoft Accessはそれを作成および編集するための便利なツールです。 Accessの視覚的なツールは、初心者がファイル形式をすばやく設計するのに役立ちます。 また、ユーザーはさまざまなソースからデータをインポートできます。

上級ユーザーにとっては、MDBも魅力的です。 計算コードや他の操作に関連するカスタムボタンなど、プログラミングコードを使用してMicrosoft Access Databaseを自動化プロセスに変えることができるからです。

3 のサポート

MDBファイルは20年以上前から存在しています。 ファイル形式について質問がある場合は、サポートコミュニティおよびマイクロソフトの専門家からさまざまな回答を得ることができます。 Microsoftフォーマット用のVBAプログラミング言語の開発に専念するチームもあります。 MDBとVBAはプログラマーの間でとても広く知られています。 あなたは多くの無料の情報源を手に入れることができ、オンラインで助けます。

4 マイクロソフトアクセス

Microsoft Accessは、ファイルを作成、表示、編集するための主要プログラムです。 そしてMicrosoftがAccessを1994でリリースした後、Accessは常にMicrosoft Officeの一部として含まれています。 Accessはすぐに消えないようです。 だから、あなたはこの安定したMDB作成者と編集者を楽しむことができます。 言うまでもなく、マイクロソフトはAccessを頻繁に更新します。 そしてアクセス2013はユーザーがブラウザを通してファイルフォーマットにアクセスすることを可能にするウェブと統合しました。 そのため、データベースファイルを作成する必要がある場合は、MDBとMicrosoft Accessが優れた選択肢のようです。

結論

この記事ではMDBファイルとその利点を紹介しました。 一般的に言って、ファイルはMicrosoft OfficeのプログラムであるMicrosoft Accessの出力です。 MDBは一種のデータベースフォーマットです。 MDBフォーマットは他のデータベースファイルよりも便利で速いため、多くの人がMDBフォーマットを使用することを好みます。 データベース形式として、ファイル形式はWord、Outlook、Excelなどの他のOfficeプログラムとのデータのインポートおよびエクスポートが可能です。 そしてMDBファイルの柔軟性は初心者にも上級ユーザーにも魅力的です。 ファイルを理解したい場合は、この記事が適切な始まりです。