Tipardスクリーンキャプチャプロ

使い方

Tipard Screen Capture Proは、画面上の動きをキャプチャしたり、ビデオやオーディオを変換したり、DVD / Blu-rayディスクを作成/書き込んだり、PowerPointをビデオやDVDに変換したりする、オールインワンの最高のビデオソフトウェアです。

Part 1:ビデオをキャプチャしてオーディオを録音する方法

ビデオをキャプチャする方法

ステップ1記録領域を選択する

ストリーミングビデオ、ウェブカメラ、ゲームビデオなどのオンスクリーンアクティビティを録画する場合は、画面をキャプチャする前に録画領域を設定することができます。

DVDを読み込んでビデオを追加する

ステップ2 素晴らしい品質で画面をキャプチャする

キャプチャ領域を設定したら、システムオーディオから、またはマイクからビデオを録画するかどうかを決定する必要があります。 その後、 "Rec"ボタンをクリックして、ビデオをキャプチャする準備が整いました。

ステップ3 録画のプレビュー

ビデオのキャプチャが終了したら、「停止」ボタンをクリックして録画をプレビューします。

オーディオを記録する方法

ステップ1 システム音声またはマイクからオーディオファイルを録音する

スクリーンキャプチャでは、オーディオファイルを録音することもできます。 オーディオを取り込む前に、システムボイスまたはマイクからオーディオを録音するかどうかを決定する必要があります。

ステップ2 オーディオを録音する

"録音"ボタンをクリックし、オーディオファイルの録音を開始します。

2:PowerPointをビデオ/ DVDに変換する方法

PowerPointをビデオに変換する方法

ステップ1 PowerPointをビデオコンバータに起動する

「PPT Converter Pro」を選択してPowerPointをビデオコンバータに起動します。 「ビデオに書き込む」オプションを選択します。

ビデオに変換する

ステップ2 PowerPointファイルを追加する

"Add PPT File(s)"ボタンをクリックし、PowerPointファイルをインポートします。 このプログラムを使用すると、1つまたは複数のPPTファイルを入力できます。

PowerPointファイルをインポートする

ステップ3 ビデオを設定する

あなたが選択できるビデオ設定を以下に示します。

ビデオの設定を行う

変換モード

自動モード:

"Auto Mode"オプションでは、PowerPointのバージョンが2010以上であることを確認する必要があります。 その後、あなたのPowerPointスライドを自動的に変換時間を設定して変換することができます。

アドバンストモード:

「アドバンスモード」では、PowerPointスライドのナレーションを保持/無視/記録できます。 任意のバージョンのPowerPointが許可されます。 「自動モード」とは異なり、このオプションはPowePointファイルを手動で実行する必要があります。

ビデオ設定:

ビデオ設定から、MP4、AVI、MOVなどの好みの出力形式を選択できます。 また、「デバイス」または「フォーマット」で分類されたフォーマットを選択することもできます。 「ハート」アイコンをクリックして、「お気に入り」のフォーマットにします。

フォーマットを選択

ステップ4 PowerPointをビデオに変換する

すべての設定が準備されたら、「開始」をクリックしてPowerPointスライドをビデオに変換することができます。 その後、ビデオがポップアップして確認できます。

ポイントをビデオに変換する

PowerPointをDVDディスク/ ISOファイルに変換する方法

ステップ1 PowerPointをDVDに変換する

「DVDに書き込む」オプションを選択し、PowerPointをDVDコンバータに起動します。

DVDに変換する

ステップ2 PowerPointファイルをインポートする

"Add PPT File(s)"ボタンをクリックし、1つまたは複数のPowerPointドキュメントを入力します。

DVD用PowerPointをインポートする

ステップ3 DVDを設定する

PPTプレゼンテーションをDVDにする準備ができたら、いくつかのDVD設定をパーソナライズする必要があります。

DVD設定

変換モード:

PowerPointファイルの手動または自動設定を行います。

DVD設定:

DVD設定では、テレビの標準とアスペクト比を設定できます。

メニュー:ここでは、フォームを選択するためのいくつかのテンプレート背景画像オプションがあります。 PowerPoint文書の背景音楽を追加することもできます。

DVDメニュー

ステップ4 PowerPointをDVDに変換する

最後に、「開始」をクリックし、PowerPointをDVD / ISOに変換します。

ポイントをDVDに変換する

3:ビデオ/オーディオの変換方法

ステップ1 ビデオまたはオーディオファイルを追加する

[ファイルを追加]ボタンをクリックし、ビデオまたはオーディオファイルをインポートします。

ステップ2 出力ビデオまたはオーディオ形式を選択する

[プロファイル]オプションをクリックし、ドロップダウンリストから好みのビデオまたはオーディオ形式を選択します。

ステップ3 ビデオ/オーディオを変換する

「変換」ボタンをクリックし、ビデオやオーディオの変換を開始します。

パート4:DVDの作成方法

ステップ1 空のDVDディスクを挿入する

DVD作成者を起動し、空のDVDディスクを1枚挿入します。

使ってみよう

ステップ2 動画ファイルを追加する

「プラス」ボタンをクリックし、1つまたは複数のビデオファイルをインポートします。

ビデオファイルの読み込み

ステップ3 移動先フォルダ

「あて先」をクリックし、ビデオを空のDVDディスクに変換するか、ISOファイルとして保存するかを選択します。

出力DVD

ステップ4 編集メニュー

"Actions"&#62 "Edit Menu"をクリックし、 "Edit Menu"のポップアップウィンドウに移動します。 メニュー、フレーム、ボタン、テキストをカスタマイズすることができます。 編集後、[保存]をクリックしてウィンドウを閉じます。

編集メニュー

ステップ5ビデオファイルを編集する

ビデオファイルをハイライトし、「編集」ボタンをクリックすると、ビデオ編集ウィンドウに移動します。 パラメータの設定を調整し、ビデオの長さをトリミングし、ビデオをトリミングし、ウォーターマークを追加します。

シングルビデオの編集

ステップ6 オーディオトラックとサブタイトル

"ABC"ボタンを選択すると、 "Edit Audio / Subtitle"ウィンドウが表示されます。 パラメータの設定を調整し、ビデオの長さをトリミングし、ビデオをトリミングし、ウォーターマークを追加します。

オーディオトラック

ステップ7 ビデオをDVDに書き込む

最後に、[書き込み]ボタンをクリックしてDVDを作成します。

オーディオトラック

Part 5:Blu-rayディスクの作成方法

ステップ1 空のBlu-rayディスクを挿入する

Blu-rayドライブをコンピュータに接続し、空のBlu-rayディスクを1枚挿入します。

インタフェース

ステップ2 ビデオファイルを追加する

[ファイルを追加]ボタンをクリックして、ブルーレイディスクに書き込むビデオファイルをロードします。

ビデオを追加する

ステップ3 オーディオトラックとサブタイトル

ビデオファイルをチェックし、「オーディオトラック」または「字幕」をクリックすると、次のウィンドウが表示されます。 「オーディオ」の下にある「追加」アイコンを押し、出力オーディオとして適切なオーディオトラックを選択します。 バーをドラッグして設定を調整します。 「字幕」と同じように。

ビデオを追加する

ステップ4 機能の編集

ビデオを確認し、[編集]をクリックします。 ポップアップ編集ウィンドウでは、「切り取り」、「効果」、「ウォーターマーク」機能を1つ1つ手作業で試してください。

ビデオエフェクト

ステップ5 ブルーレイディスクを作成する

ターゲットフォーマットと宛先ファイルフォルダを選択します。 ビデオをブルーレイディスクに直接書き込む場合は、Blu-rayディスクをターゲットとして選択します。 後で使用するためにBlu-rayフォルダまたはISOイメージファイルを作成する場合は、ターゲットフォルダを保存先として選択します。 次に、[作成]ボタンをクリックして開始します。

燃焼プロセス