Tipardビデオコンバータ究極

Final Cut ProからMP4 – FCPプロジェクトをMP4形式のデバイスにエクスポートする方法

Final Cut Proファイルをバックアップしたり、Androidフォンでビデオを再生したりするには、Final Cut ProをMP4またはその他の形式にエクスポートする必要があります。 さらに編集するためにプロジェクトファイルを標準のMP4ファイルに保存する必要がある場合でも、Android /スマートTV用のMP4ファイルにエクスポートする必要がある場合でも、保存方法の最良の方法について詳しく知ることができます。 Final Cut ProプロジェクトをMP4に 今の記事から簡単に。

Final Cut ProからMP4

パート1:Final Cut ProプロジェクトをMP4にエクスポートする方法

エクスポートするには Final Cut Proの 高解像度のMP4には、MPEG-4ビデオコーデックがお気に入りです。 プロジェクトファイルと同じビデオ品質を維持する必要がある場合は、代わりにFCPファイルをQuickTime MOVに保存できます。 ここにあなたが知っておくべき詳細なプロセスがあります。

ステップ1MacBookでプログラムを起動すると、 フィレット メニュー。 を選択します インポート オプションを選択します ファイル FCPプロジェクトファイルをプログラムにインポートするオプション。

インポート

ステップ2FCPプロジェクトをインポートしたら、 フィレット メニューをもう一度選択し、 輸出 オプション。 その後、あなたは選ぶことができます QuickTime変換の使用 FCPをMP4にエクスポートするオプション。

輸出

ステップ3現在地に最も近い MPEG-4 出力形式としてオプション。 もちろん、代わりにデータレート、画像サイズ、フレームレート、キーフレームなどのパラメーターをさらに出力MP4に微調整することもできます。

MPEG-4を選択します

ステップ4最高の品質でファイルを保存するには、 Video Options ボタンを使用して、エンコーディングモードを選択します。 最高品質(マルチパス) オプション。 スムーズで高品質なファイルが作成されます。 (もっと見つけます ビデオエンハンサー)

Video Options

ステップ5最後に、 保存 FCPファイルのMP4へのレンダリングを開始するボタン。 プロセス全体に時間がかかる場合があります。 同じプロセスに従って、他のファイル形式に変換できます。

パート2:Final Cut ProファイルをMP4に変換する方法

Final Cut ProをMP4形式の別のデバイスに変換する必要がある場合はどうすればよいですか? 解像度、フレームレート、さらにはビデオサイズなどのMP4ファイルを調整するにはどうすればよいですか? Tipard Macのビデオコンバータの究極の は、クリック数内で目的のパラメーターを使用してFCPファイルを任意のデバイスに変換できる汎用MP4コンバーターです。

  • 1. FCPビデオファイルをMP4、Androidフォン、iPhoneなどのデバイスに変換します。
  • 2.ビデオ品質を向上させ、ノイズを減らすために4つの異なる方法を提供します。
  • 3.エンコーダー、解像度、ビデオビットレート、フレームレートなどの設定を調整します。
  • 4.ビデオフィルターをトリミング、マージ、クロップ、および適用するための基本的なビデオ編集機能。

ステップ1Final Cut ProからMP4へのコンバーターをダウンロードしてインストールすると、コンピューターでプログラムを起動できます。 クリック ファイルを追加 プログラムにMP4ビデオをロードするボタン。

ファイルを追加

ステップ2に行きます プロフィール メニューを選択します MPEG-4ビデオ 出力フォーマットとして。 もちろん、[設定]ボタンをクリックして、ビデオコーデック、フレームレート、ビットレートなどを調整することもできます。

プロフィール

ステップ3ビデオ編集機能を利用してください。 あなたはクリックすることができます 変換 ボタンを押すと、数秒以内にFinal Cut ProをMP4、iPhone、Androidフォンまたはその他のデバイスに変換できます。

変換

パート3:Final Cut ProをMP4に保存することに関するFAQ

MPEG 4とH.264の違いは何ですか?

Final Cut ProをMP4に保存する場合、MPEG 4とH.264のどちらを選択するのが適切ですか? MPEG4ビデオコーデックは、16 x 16 DCTのアルゴリズムを使用して、より高い圧縮率を可能にし、H.264よりも高い解像度のビデオ品質を提供します。 一方、H264は、幅広いシステムおよびネットワーク上の多くの異なるアプリケーションに適用できる最も柔軟性があります。

FCPのオーディオ出力がポップしたのはなぜですか?

Final Cut ProをMP4またはその他の形式にエクスポートするだけの場合、レンダリング後に問題が発生する可能性があります。これにより、プロジェクトファイルを問題なく再生できます。 ケースについては、FCP内のオーディオコーデックやいくつかの専門的なメディアコンバーターなど、さまざまなパラメーターを微調整する必要があります。

Final Cut Proプロジェクトを小さいサイズのMP4にエクスポートする方法

MP4ファイルをメールで共有したり、ソーシャルメディアサイトにアップロードしたりする場合、ファイルを小さいサイズでエクスポートするにはどうすればよいですか? ほとんどのメールのゲートウェイは10〜20MBです。 Final Cut Pro内でパラメータを微調整しても、サイズを20MB以内に縮小できない場合があります。 もちろん、Tipard Video Converter Ultimateを使用して、 ビデオを圧縮する メール用の希望のビデオサイズに。

結論

Final Cut ProプロジェクトをさまざまなデバイスのMP4ファイルに保存する必要がある場合は、記事から最適な方法について詳しく知ることができます。 Tipard Video Converter Ultimateは、ビデオファイルを変換し、クリック内のさまざまなパラメーターを微調整できる多目的ソリューションです。

著者
投稿者 ケニー・ケビン 〜へ 動画
April 24、2020 09:05